ページを減らせばみんな楽になる

サイトの更新が大変、コストもきびしいので、リニューアルにあたって運営を効率化したい。企業のウェブマスターからこのような相談が多い。何がそんなに手間がかかっているのか

余分な情報が多いから手間とお金がかかる

ウェブサイトで管理しなければならないページが多くなったことは確かだ。100ページほどで公開したウェブサイトも、週に6ページ追加するだけで、3年続ければ1000ページ近くなる。ざっと10倍の規模だ。ページ数が10倍になれば、運営にかかる手間も10倍になって当然だ。

では、本当に10倍に増えただろうか?もし、10倍に増えて、関わる人数もコストにも変化がないとしたら、それは大変だ。ウェブマスターは24時間働いても間に合わないに違いないが、きっとそんなことはないだろう。なぜなら、大部分のページは公開された後、なにも変化なく放置されている状態になっているからである。1年以上更新されていないページは、たぶん、ほとんどのユーザからは見向きもされないだろう。

ましてや、優れたサイトが増え続けている今、ユーザはトップページを一目みて、自分に関係がある記事を見つけられなければ、他のサイトに行ってしまう。1ページの平均接続時間は30秒*程度である、しかし、実際に表示されるまでに時間がかかるため、ユーザが判断する時間は10秒以内とも言われる。決して、一つのサイトをくまなく見たりはしない。わざわざ探さなくても情報も豊富で親切なサイトは沢山あるからだ。あなたのサイトのトップページから、ユーザはすぐに必要な情報を見つけられるだろうか?価値の低い記事が所狭しと並んではいないだろうか?

トップページから「リンク」を減らせ

トップページにリンクが多いと、それだけでユーザを逃がすことになる。ユーザは、ウェブサイトに自分にとって必要な情報があるか一瞬で判断する。ユーザを逃がさないためには、数多いリンクを減らすべきだ。リンクが限られているからこそ、ユーザは情報へのルートをすぐに見つけることが出来、他のサイトにいかなくても済む。

ウェブサイトに情報を追加することは、最も大切なことだ。だからと言って、闇雲にたくさんのページを追加したから、それに見合った効果があるかは疑問である。ページ数が多いと、ユーザが見るページが分散し、1ページあたりの効果も薄くなるからだ。少ないページで、必要な情報がきちんと整理することが、もっと効果のあがる、コストパフォーマンスの高いウェブサイトになる条件である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中