ユーザーに「伝わる」コンテンツとは?

ユーザーの「知りたい」に応える3ステップ

伝える内容や最適な表現手法は、サイトの種類によって大きく異なります。サイトの目的が製品の情報を伝えることなのか、商品を販売することなのか、利用するユーザーが一般の人なのか専門家なのかなど、様々な条件を加味して考えるべきです。ここでは、どんなサイトにも共通する最低限考慮すべき点に絞って解説します。

続きを読む “ユーザーに「伝わる」コンテンツとは?”

企業側の都合で情報発信していませんか?

企業が「伝えていること」と、ユーザーが「求めること」とのギャップ

Webサイトにとって、来訪するユーザーが一番大事だということに異論があるWeb担当者はいないと思います。Webサイトには、ユーザーが期待する情報を選んで掲載しているはずです。それなのに、ユーザーにアンケートをすると「情報が足りない」「分かり難い」という結果が出てしまいます。なぜ、そのようなことが起こるのでしょうか?

続きを読む “企業側の都合で情報発信していませんか?”

なぜリニューアルをするのか?

リニューアルは難しいプロジェクト

弊社では、毎日のように「リニューアルしたい」という相談を受けます。その際、まず、どうしてリニューアルをしたいのか?と確認します。「デザインを変えたい」「使いやすくしたい」「問い合わせ・申し込みを増やしたい」などの理由が帰ってきます。「運用を楽にしたい」「ページ制作を内製化してコスト削減したい」といった運営側の悩みをきっかけにしたものもあります。全面的にWebサイトを見直す「リニューアル」は、今ある問題を全て解決できる「魔法の杖」のようにイメージされていることがよくあります。

続きを読む “なぜリニューアルをするのか?”

企業サイトを組織で運用するための「Webガバナンス」

Webサイトは企業の正直な姿を映し出す「鏡」

Webサイトを管理していると、「誰が作ったのかわからない」「いつからあるのかわからない」「掲載内容に誤りがある」コンテンツがいくつもあると思います。しかし、「担当部署が違うから」「前任者から引き継いでいないから」などの理由でそのまま放置していないでしょうか。

続きを読む “企業サイトを組織で運用するための「Webガバナンス」”

誰でもコンテンツを作れるようにルール化しよう

全員がルールを共有できる「ガイドライン」

担当者と業務手順をまとめて、原稿フォーマットを配布し、「依頼がスムーズになってきた」と思ったのも束の間。担当が異動したり、新しい担当者が増えたりして、ルールを守ってくれない人が出てきます。説明するのをちょっとサボると、せっかく決めたフォーマットが使われなくなってしまいます。それでは元の木阿弥です。防ぐ為には、担当が変わった直後に説明をすることが必要です。しかし、個別にやるのは面倒です。

続きを読む “誰でもコンテンツを作れるようにルール化しよう”

できるだけ他の人の力を借りよう

業務を分けて分担しよう

前回説明した通りに、コンテンツを棚卸しして、捨てる努力をした。それでも残り全てを対応したら、キャパオーバーになる場合、どうすれば良いのでしょうか?

そんなとき、自分が2人いればいいのにと思う人もいるでしょう。そう、自分の「コピー」を作ればいいのです。ここでお伝えする、自分の「コピー」とは、漫画に出てくるような「忠実なロボット」を作ろうといった荒唐無稽な話ではありません。自分の代わりになって業務をやってもらえる人を作るということです。

続きを読む “できるだけ他の人の力を借りよう”

更新をやめることから始めよう

業務が山積みで時間がない

前回、Web担当者は「舵取り役」と書きました。しかし、実際に毎日の業務に追われて新しいことを考えたり、人に指示を出すなんてとてもできないのではないでしょうか。これから舵取り役として取り組むには、今までのやり方を変えなければなりません。

続きを読む “更新をやめることから始めよう”